*

断捨離や片付けの前にやってみるとよいこと。2

   

さて、前回の記事で、
断捨離やお片づけの前にトライしてみるとよいよ!
ということで、

『お財布を整理してみよう』

をご提案させていただきました。

 

お財布が綺麗になりましたら。

次は。

そう。

バッグの整理をしてみましょう!

 

やり方はお財布と一緒。

 

1.中身を全て出す

2.ゴミやホコリを綺麗にし、汚れていれば拭いたり洗濯をする

3.バッグを浄化する

4.中身を整理し、いらないモノは全て処分し、入れるモノを厳選する

5.入れるモノを浄化する

6.バッグの中に整理して入れる

 

浄化は、レイキなどのエネルギーを流したり、
ガイドに「バッグの外も中も浄化して」ってお願いすればOKね。

中身については、バッグにチャネリングで聞いてみるのもいいよ。

 

こういう、小さいモノから、
お手入れして浄化してチャネリングして整理整頓、という
クセ付けをしていくことをお勧めしますよーう。

 

綺麗にする前と後の、
自分の感覚、印象、エネルギーの違い。

わかってくると、
「めんどーだけどやっぱりきれいにしよ」って少しずつ続くようになるし、
そのうち「やらないと気持ち悪い」ってなったらこっちのものだ!

 

そんでもって、

「エネルギーを感じられるようになりたい」
「エネルギーを流すのを上手になりたい」
「チャネリング力を上げたい」

というのならば、こういうのからコツコツやるのが近道だよ。

 

片付けたり、モノを減らしたり厳選してきて思うのが・・・

モノが少なくて片付いている状態が維持出来ると・・・

 

ヒマになります。

時間ができます。

 

探しものをしてたり、
ついぼんやりしたりイライラしたりして結局動けてなかった分が、
ごっそり浮くような感じかもしれません。

 

本当にやりたいこと、やれる時間がきっと増えると思うよ!

 

わたしはまだ新参者なので、
できた時間の使い方は、試行錯誤中だよ。

 

片付け上手さんや、モノの少ない人って、
こういう世界を生きていたのか・・・あーーーーー!!って感じです。

 

お片づけや整理整頓は、快適な暮らしの実現のための手段であって、
目的ではありません。

(断捨離は、「モノへの執着を捨てる」という、また別のコンセプトがありますね)

 

「自分が実現したい快適な暮らし」ってなんだろう?

 

どういう毎日が過ごしたいだろう?

 

どういう服をきて、どういうバッグを持って、どこで何をしたいだろう?

 

そーゆーのを思い浮かべてから、
そこに近づくための手段として、お片づけや整理整頓をするってすると、
また動きやすいかもしれないね。

 

余談ですが、前回の記事をあげた途端、
上がざっわざわして、気がつけばなんかえらいことになってました。
その影響で、外で咳が止まらない事態に。

なんでじゃ。
(調べたけど理由は省略)

お片づけブログくらい書かせてよ!

そしてアタイ、書くからね!

 - SPIRITUAL , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ダウジングでガイドに聞いてみよ

さて、ダウジングでガイドに聞いてみよ、の実践です。   早速 今日は「 …

エネルギーグッズを作るためのアチューンメントを提供します

エネルギーグッズを作るために必要なスキル 1 2 を通して クオリティの高いエネ …

ゴールデンスパイラルアップ アチューンメントの感想2

わたくし 藤咲舞子が提供している、 ゴールデンスパイラルアップアチューンメントの …

ゴールデンスパイラルアップ アチューンメントの感想3

わたくし 藤咲舞子が提供している、 ゴールデンスパイラルアップアチューンメントの …

スラスラいかない人のためのチャネリング講座⑤

さていきましょう。   どうですか? 質問して受け取るっていうのは慣れ …

スラスラいきたいひとのためのチャネリング講座②

引き続き、 個人セッションで質問されるお題から、アドバイスをお伝えしようと思いま …

断捨離や片付けの前にやってみると良いこと。

日々スピリチュアルブログで、 断捨離片付けお掃除と呪文のように唱えているせいか、 …

日常のセルフメンテナンス『浄化編』

さてさて、今回は『浄化』の話。 不用品を手放すときは、捨てるときも売るときも さ …

スラスラいきたい人のためのチャネリング講座③

今回は、チャネリング力をもうちょっと上げたい方への お話です。   先 …

スラスラいかない人のためのチャネリング処方箋①

スラスラいかない人のためのチャネリング講座は ①から⑥までございました。 ⑥まで …